reCAPTCHAの寿司が謎すぎる件 〜 私はロボットではありませんが、どれが寿司かもわかりません

bot避けの技術としてGoogleからサービスされているreCAPTCHA

通常、「私はロボットではありません」をチェックするだけでOKなんですが、アカウントやPCによってなのか、そこらでチェックしまくってたりするせいなのか、通常のCAPTCHAみたいに数字やアルファベットをきかれたりすることがあります

で、数字やアルファベットのみならず、画像を選択する形式の問題もあるのですが、まあ、みてください

sushi1

右上が「寿司」のサンプルで、3×3で合計9の画像から、「寿司」の画像を選択しろと、そういうことのようです。

選択できますかね?これ・・・

で、まあ、やってみたところ・・・

sushi2

なんちゅーの?僕レベルなのであきらめてリロード押しましたけど、寿司職人がこのクイズだされたらブチギレると思う・・・

農林水産省が「すしポリス」はじめるって言ったときは僕も大反対だと思ったんですが、なんか、ほんとに必要なんじゃないかという気もしてきました(嘘)

ice

これは正解だったみたいです(´∀`)

検索語で厨房化具合を調べる

そういえばこのほめぱげでメインテーマとしてた気がするのが「厨房化」

厨房サイトがザクザク出てくる検索用語
みたいなのは「厨房化」じゃなくてホントの厨房というかDQNというか、そっちの方がターゲットになっちゃうのでちょっと違う

じゃあ、厨房化を調べるのにふさわしい検索語を考えようということで

察して知るべし – Google検索

もちろん意味は通じるのですがどうやら「推して知るべし」という慣用句を間違えて使ってるケースがほとんど

「察する」というのは外側から内側を推測するという場合に使う言葉で、「推す」というのはある事から他の事を推測する場合に使う言葉です

もちろんホントに「察する」の意味で「察して知るべし」と書いてる人もいるけど、そういうときは「察するべし」とか「察するべきだ」とか書くのが普通だと思われ

「推して知るべし」を「察して知るべし」と間違えてても、意味が通じるからまあいいや、ということで放置しちゃうような感覚や、「察すべき」を「察して知るべし」とかいてちょっと慣用句っぽいつもりになっちゃうような感覚は、まさに厨房化というのがふさわしいと思うのでした

エエ意味で。

Googleも間違えるhtml

このblogの右下に、Google Readerのshare機能で提供されているスニペットを貼り付けてみたところ、W3Cのvalidatorで怒られてしまいました。

いけない場所は

google/broadcast?n=5&callback=GRC

で、案の定というかよくある間違いなんだけど、やはりhtmlとして間違ってるので勝手に修正しました。

google/broadcast?n=5&callback=GRC

この間違い、ブログパーツやアフィリエイトなど、ありとあらゆるところで見られますね。

「動けばいい」って人は気にしないでいいんでしょうけど、validatorへのリンク貼ってるページでinvalidってのは恥ずかしいので、ね。
そういえばYouTubeのembedがあるページはもっと怒られますが、そっちはあきらめました;)

新Google Readerに引越した

RSSリーダーですが、以前インストールしたtt-rssが、登録フィードが増えるたびに「updating feeds…」って待ち時間やたら長くなってきたり、細かいバージョンアップがあるわりに一向に軽くならなかったりというところに、Google Readerが新しくなったとのことで、乗り換えてみました。

かなり軽いインターフェースで、tt-rssに比べて半分ぐらいの時間で巡回できた気がします(あくまでも気がするだけで、計ってないです)

あえて文句をいうと、shared itemsってソーシャルブックマーク的に公開ができるのはいいけど、URLをなんとかしたい(どうせなら www.google.com/reader/shared/rhosoi なんてのがいい)のと、Google Readerで読んだモノしか対象にできないのがちょっとなぁ・・・使いどころがわからんという感じでしょうか?

RSSリーダーを未だに使ってないという人は、@akaさんの@ 新 Google Reader でフィードを読むって記事をよんでみるといいかも

# そういえばPlagger+IMAPは・・・動かすのに適したマシンがなかったので保留してます(CPANモジュール多すぎ・・・)